CT検査のある梅島動物病院は、東京都足立区のペット診療所です。
風邪や骨折の治療からトリミング・シャンプーまでお任せ下さい。
HOME アクセスMAP スタッフ募集 お問い合わせ
梅島動物病院・CT検査
〒121-0813 東京都足立区竹の塚2−1−10
TEL:03-5851-7677 トリミング・シャンプー予約専用03-5851-7678
  
診療のご案内 病院施設のご案内 特殊検査・CT検査 トリミング・シャンプー スタッフ紹介 アクセス
 
特殊検査・CT検査
 
CT検査
 
CT検査は骨に囲まれた病変や、骨に対する浸潤度を画像でとらえるのに非常に有効な検査機器です。
 
症例 【水頭症のチワワの脳内】
  

水頭症のチワワの脳内の画像です。通常左右対称であるべき脳室が不対称になって脳脊髄液
による圧迫が認められます。
 脳圧亢進の影響により頭
 蓋骨の数箇所に穴が開い
 ているのがよく分かりま
 す。
 
症例 【門脈短絡(シャント)】
門脈(肝臓に向かう血管)の途中で短絡(シャント)をしている血管の先天異常です。 シャント血管のほうが大きくなっていることがお分かりでしょうか? この血管はこのまま胃の後部を迂回して胸腔内の大静脈へつながっていました。
  
 
症例 【犬の脳腫瘤-1】
木馬様歩行を呈し来院。小脳疾患が疑われたためCT撮影を実施しました。
小脳背側に認められる脳室のような低CT値のマスはクモ膜下嚢胞で、それによる物理的な小脳圧迫と診断されました。
現在は脳圧を下げる治療を継続し症状は消失しました。
 
症例 【犬の脳腫瘤-2】
1週間ほど右斜頚が続きその後起立不能になり来院。左顔面神経麻痺が認められ大脳疾患が疑われCT撮影を実施しました。
頭頂部やや左側に高いCT値のマスが認められます。これは血腫でした。
ステロイドの内服にて除々に症状も消失し現在は経過良好です。
 
症例 【椎間板ヘルニアのミニチュア・ダックス】
CT画像は冠状断面(輪切り)で見た断層画像です。
CT撮影後その情報をコンピューター処理後、矢状断面に再構築した画像です。
椎間板からの髄核物質が脊髄を圧迫しているのがよく分かります。
CTで診断し、同時に手術することにより回復が早くなりました。
 
症例 【猫の鼻腔内腫瘍】
レントゲンにて腫瘍の存在は疑われたのですが骨浸潤は認められませんでした。
ところがCT撮影を行ったところ鼻中隔・眼窩部の骨浸潤が確認できました。
 
症例 【シーズーの歯肉に出来た腫瘍】
歯肉の腫瘍は外見ですぐに確認できるものですがレントゲンで確認できなかった骨浸潤像がC Tで確認できました。さらにこの腫瘍は眼窩底から眼球を上方に圧排していることが認められま した。
   
 
 
 
 
 
 Copyright(c) UMEJIMA ANIMAL HOSPITAL, All rights reserved. | サイトマップ | プライバシーポリシー |